FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆が人材

 今年の最後の月に入ってしまいました。“時は早く過ぎる 光る星は消える”とアンパンマンは歌いますが、本当に時の過ぎるのは早いです。12月11日水曜日に開催されるお楽しみ会が目前になりました。
 算数の時間、頭を抱えゆっくりゆっくりの子が、劇の中の長文をすらすら暗記して発表します。自分の役のセリフを覚えられないで詰まってしまう子が、音楽が流れると正確にリズムを取って体を動かしています。子ども達は夫々の能力を引き出して楽しんでいます。「いえで れんしゅうしょうとおもって れんしゅうしていると おかあさんが  『そんなことよりも かんじを おぼえなさい』 といっておこられたので にかいしか れんしゅうできなかった」と、悲しそうな顔をして話す子も居ました。お子様のお迎えに見えられましたお母様方を前に「無駄な努力は何もありません。努力は必ずどこかで生きてきます」という話をさせて頂きました。
 「お楽しみ会の練習で、お友達の努力している事を見つけ褒めていきましょうね」と、園児にお願いしました。Kちゃんは「Sちゃんは じょうずに ピアニカしてる。Kだって メロディオンつかって じょうずだったよ」と、自分を褒められる素晴らしいKちゃんに皆で拍手を贈りました。「Hちゃん しんけんに もっきんやってる」と。「こぶとりじいさんのげきで Dちゃんが『よう! おじいさん まってたぞ』というのが よかった」と。次から次へとお友達を褒め、拍手をし、全員が誰かかに褒めて頂くようになってしまいました。           
 皆が人材です。授業だけではなく諸々の活動は、より多くの角度から可能性を引き出し子どもを讃える機会であります。沢山の評価の基準、褒め称える多くの尺度を持つて 子どもの夫々の能力に拍手を送り、自信をつけ、自己肯定力を高めていけるようにしたいものです。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。